詩言葉(うたことば)

雅号は、詩言葉(うたことば)です。心に浮かんだ詩や言葉を綴っています。どうぞよろしくお願い致します。

『玉響(たまゆら)』-詩

始まりは 孤独な魂が
こすれあう 微かな音でした。

澄んだ夜空に 切なく響く それは
やがて かけがえのないものへと
姿を変える。

引き寄せられた 二つの星が
新たな命を 宿すように・・・

※玉響(たまゆら)=少しの間。かすかな。美しい宝玉が触れ合って、かすかな音をたてるところから生まれた言葉です。

広告を非表示にする