読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩言葉(うたことば)

詩を書く時の雅号は、詩言葉(うたことば)です。心に浮かんだ詩や言葉を綴っています。詩言葉まとめに詩集を掲載していますので、ご自由にご覧下さい。

『鵲の橋(かささぎのはし)』-詩

詩言葉まとめ-5章

一年に 一度
夏の夜空に 現れる 定めの橋。

あなたとなら
私は きっと 手を取り
渡ってゆくでしょう。

たとえそれが 二度とは戻れない
悲劇のプロローグだとしても。

※鵲の橋(かささぎのはし)=七夕の夜に、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の二星を逢わせるためカササギが翼を並べて天の川に渡すという想像上の橋の事。男女の契りの橋渡しのたとえにも用いられます。

広告を非表示にする